トイレの水漏れ修理を依頼する時の注意

トイレから水漏れしているのを発見し、それが自力での修理が困難だと思った時には、水道 修理の専門業者に頼むことになります。しかしその前に少しやるべきことがあります。それはまず水漏れがどのような状況なのかを把握することです。これを知ることで業者に的確な状態を伝えることができ、業者側もその情報をもとに事前の準備ができて、作業もしやすくなりますし、時間や経費も短縮できるのです。そして、どの業者を頼むのかを調べることも重要です。水道 修理の業者の中には悪質な業者もいますので、どこでもいいというわけにはいかないのです。

■まずは自分でチェックしよう

チェックすべきことはいくつかあります。先ずは止水栓を閉めて、ウォシュレットの電源を切ります。これでトイレ外側に水は漏れずに便器の中で水が流れ続ける場合は、タンク内部に問題があります。タンク内部では浮き球がきちんと浮いているか、浮き球に繋がっている配管から水は漏れていないかをみます。オーバーフロート弁が外れていることもあります。オーバーフロート弁とレバーを繋ぐ鎖が切れていないかどうかも点検します。
また、配管の接続部分が濡れていないかどうか手で触って点検します。配管も手で触って確認しましょう。ヒビなどが入っている場合もあります。

■良い水道修理専門業者を見つける

もし、友人知人が良い水道修理の専門業者を知っているのならそこに頼むのも良いでしょう。また、電話帳などで近所の業者を探すこともできます。しかし、これにはリスクも存在します。なぜならその業者が本当に信頼できるのかどうかがわからないからです。そこでお勧めするのがインターネットによる検索です。インターネット上には色々な業者が載っていて、それらの会社の口コミ情報や評判が掲載されています。それらを参考にして良さそうな会社を選び、連絡を取ってみるといいでしょう。

■まとめ
トイレの水漏れ修理は自分でできることもありますが、ウォシュレットなど電気を使用している器具もあり、注意が必要です。大切なことは自分で修理できる程度なのかどうかをきちんと見極めることです。それをせずに手を付けると却って被害を大きくすることがあります。たとえば給水管のゴムパッキン交換によって直るような場合でも、管自体が劣化して弱くなっていると、ネジを回した時に管を破損してしまうこともあります。ですからたとえ簡単だと思われるような作業でもよく精査してから手を付けるようにしましょう。最初から専門業者に依頼するのも確実な方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ