トイレの水漏れには注意が必要

トイレ 水漏れは、日常的に水を使う場所だけに、多少水が漏れていてもあまり気にかけないものです。しかし、水漏れをそのまま放置しておくと、重大な損害を被ることもあります。トイレには給水設備と排水設備があり、その上、水を溜めておくタンクもあります。更にはウォシュレットと、水漏れしそうな箇所はいくらでも存在しているのです。そこで、トイレの水漏れについて気を付けなければならないことを考えてみましょう。

■水漏れはなぜ起こるのか

トイレ 水漏れの原因の多くは経年劣化です。当然のことですが、長い間使い続けている器具は必ず劣化していきます。たとえば水道管の接続部分に使われているパッキンなどはゴム製ですので、これが劣化して柔軟性がなくなってくると、ちょっとしたことで切れたり微妙な隙間ができて、そこから水漏れが発生することがあります。



■水が漏れる原因

水が漏れてくる原因は大きく分けると四つほどあります。一つ目はトイレのタンク内のトラブルです。タンクは常に一定の水を溜めておく場所です。それ故に水垢がついたりサビが付きやすくなっていますし、内部の部品も少しずつずれたりします。そんな不具合がトラブルを引き起こすのです。
二つ目は給水管、排水管などのパイプの接続部分の不調です。これも経年劣化の典型例ですが、管内部が腐食して、さびなどが内部を傷つけたりすることで水が漏れやすくなっていきます。三つ目はウォシュレットのトラブルであり、これも多くは経年劣化によって水漏れを引き起こすことが多いです。最後は便器本体の破損です。これらのことが単発、あるいは複合して起こることにより水が漏れてくるのです。


■まとめ
トイレで水漏れを発見したら、すぐに原因を追究しましょう。大体が上述した四つからであり、そこを点検してわからない場合は、すぐに専門業者に連絡を取ります。
まず最初にすべきことは、止水栓を回して水を止めることです。これにより給水管からの漏水なら止まりますので、被害は最小限にすることができます。しかし、原因が別にあれば止まりません。次にウォシュレットの電源は切っておきます。そうしないと感電の危険性があります。
水漏れしたらすぐに上記の二つのことはしておきましょう。その上で、自分で直すのか、あるいは専門業者を呼ぶのかを決めます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ