水漏れしているトイレは交換が良いのか修理が良いのか

トイレの水が漏れていて、それがトイレの交換にまで発展していくことはそんなに多くありません。実際、便座は陶器で出来ており、何か強い衝撃のない限り壊れたりすることはありません。しかし、ひびが入って水漏れなどを起こし、使えなくなった場合は交換が必要になります。また、便座以外の部分すなわちタンクの中の部品やパッキン、配管などは20年程度が寿命と言われていますので、何年かに一度のメンテナンスは必要になってきます。

トイレの交換と修理のどちらが良いか

トイレに何らかのトラブルが生じて水漏れしているときに、トイレそのものを交換した方が良いのでしょうか、それとも修理で済ませる方が良いのでしょうか。
修理は一回だけのものであれば安く済みます。しかし、何十年も経たのちのトラブルである場合は、ちょっと状況が変わってきます。というのも10年以上も経過してのことならば、既にトイレ自体の経年劣化が起きているということも考えられます。その場合は修理しても、また違った箇所が水漏れを起こす可能性があります。ですから、もし何十年も経た上での水漏れなどのトラブルであれば、長い目で見た時に、トイレの交換も検討した方がいいでしょう。

■交換、修理を安くすませる

修理をしてもらう際、できるだけコストは安くしたいものです。その為にはまず自分で水漏れ箇所を特定しておきましょう。こうすれば業者側はその部品だけを持ってきて修理すればよいだけになり、時間も短縮できて金額も安くなります。
交換の場合は、ちょっとした工事になりますので、修理に比べると料金的に高くなるのは当然です。しかし、少し安くする方法はあります。それはトイレの型式を最新型ではなく、少し前の型のものにするという方法です。最新型は様々な機能がついており便利になっていますが、中には自分には不必要と思われるような機能もあるのです。不要な機能のない少し前の型式ならば、かなり安くなります。

■まとめ
水漏れを起こしているトイレをそのまま放置して使い続けることはよくありません。そこで修理か交換の選択になるのですが、費用の点だけを考えれば修理で済ませる方が安くなります。しかし、今後も水漏れなどのトラブルを起こしそうだと思われたら、多少高くても交換することを検討するのも選択肢の一つです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ