トイレの水漏れには色々あります

トイレの水漏れには色々あります トイレからの水漏れと一口に言っても、そこには様々な原因があり、起こる場所も色々です。それでは水漏れが起こった時には、一体どうすればよいのでしょうか。まずは場所の特定から始まり、特定できれば原因を見極めます。そこで自分で直すことができる程度のものか、あるいは最初から専門の業者に頼むかといった選択をすることになります。トイレの水漏れは、軽度であれば単なる部品の交換で済むこともありますが、重度の場合はトイレの交換にまでなってしまうこともあります。ともあれ甘く見ないで、きちんと調べてみることが大切です。

■トイレの水漏れ箇所

トイレには水漏れが発生しやすい箇所がいくつかあります。それはタンクやウォシュレット、給水管、止水栓、便器です。これらにはそれぞれ発生原因があり、修理の仕方も異なってきます。
まずタンクですが、ここは一番水漏れが起きやすい場所です。多くの場合、タンク内部の水を流す部品に不具合が生じて水漏れを起こすことが多いです。次にウォシュレットも水漏れが多い箇所です。これは機械そのものが故障や破損によって不具合が生じている可能性が大きいです。
給水管は止水栓からタンクに繋がっている管のことで、タンクへ水を供給しています。止水栓とタンクを繋ぐ役割をしているために、その両方の接続部分からの水漏れが発生することが多いです。
止水栓はトイレの壁や床から出ている管についている栓で、ここで水を止めたり、水の勢いを弱めたりしています。
便器はタンクとの連結部や本体の破損がトラブルの原因になることがあります。

■トイレの水漏れ修理
トイレのトラブル箇所については上述しましたが、次に修理方法について記してみましょう。まず最初にタンクですが、タンク内にはボールタップという浮き球のついている部分があります。その部分が劣化していたり、ゴムフロートが正常な位置からわずかにずれていたり、もしくは劣化していることがトラブルの原因になっています。また、ゴムフロートについている鎖が絡んでいたり劣化して正常に機能しなくなったりすることもあります。
ウォシュレットは、接続部分の部品が劣化することで起こることが多いです。特に温水が出てくるノズル部分、操作パネルの下や便座脇などもよくトラブルを起こす箇所です。ウォシュレットについては後に詳しく述べます。
給水管などのパイプの接続部分の場合は、パッキンの劣化によって起こります。給水管は壁側の止水栓とタンクに繋がっており、それぞれの接続部分からのトラブルが多くなります。パッキンの劣化によって起こっているときには、水を止めてパッキンの交換をすれば直ります。また、接続部分の緩みが原因の場合は、その部分を締めなおせば直ることもあります。
便器とタンクの接続部分もパッキンの劣化が原因のことが多いので、パッキンの交換で対応できます。しかし、本体にひびが入っていたり破損している場合は修理はできませんので、トイレの交換となります。

■水が止まらない

水が止まらないことで、漏水を起こす場合もあります。それでは水が止まらないとは一体どういうことなのでしょうか。
まず、タンクの横にはレバーがあり、これを動かすことで水が流れるようになっています。このレバーは鎖でタンク内のゴムフロートに接続しており、レバーを引けばゴムフロートが上がってタンクから便器へ水が排出され、戻せばタンクの水は流れ出なくなります。また、タンク内にはボールタップと浮き球があり、これらが水の供給をコントロールしているのですが、この部分に不具合が生じると水が止まらなくなったりするのです。
水が止まらなくなるのはボールタップ、フロートバルブ、浮き球の不具合ですので、これらを交換することで直すことができます。

■まとめ
トイレは小さな空間ですが、そこには様々な部品や管があり、それぞれに繋がっています。漏水の多くはそれらの部品の不具合や劣化によって引き起こされることが多いのです。一日に何度も水はそれらの管や接続部分を通ります。そのたびごとに、管の内部に発生したさびなどが原因で管そのものが傷んだり、ゴム製のパッキンはその柔軟性を失っていきます。そうした中でトラブルは突然にやってきます。考え方によっては、突然ではなく必然と言ってもいいかもしれません。いずれ必ずどの家庭でも起こりうることですので、その時に慌てないように、事前にこれらのトラブルについて理解しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース